ビジネスの服装の印象

ビジネスでの服装は大事

ビジネスで印象に残る服装

ビジネスは得意先への訪問や打ち合わせなどもあり、お客様との対応もあります。事務所で仕事をしていても来客があり対応をすることになります。このようなシチュエーションでポイントになってくることは服装です。清潔感があり印象に残る服装はビジネスにおいて有効に働くことが多いのです。基本的にはスーツを着ることになりますが、ただ着るということだけではなく、着こなすということが大切です。高いスーツでなくても大丈夫ですが、例えばシャツとネクタイとのコーディネートやきちんとアイロンをかけていることなど、いい印象を与えることは会社にとってプラスになります。

仕事は最初の印象で決まります

学生の面接や取引先とビジネスの打ち合わせなど、場所は違えど共通することがあります。それは、最初の印象でほとんどが決まるということです。たとえば、相手が現れたときに、柔和な雰囲気の人と殺伐とした雰囲気の人では、多くの人が前者と話をしたいと思うでしょう。もちろん、見た目が全てではありませんが、最初の雰囲気が良ければ、何事もポジティブに向かいやすいという傾向があります。たとえば、第一印象が柔和なイメージだった場合、本当の性格はキツくても、普段柔和そうなのにキツく当たられるのは、今の取引に真剣だからだ、というポジティブな考えに結び付きやすいです。特にビジネスの場では、今後も目を合わせることになるので、見た目は是非意識しておくと効果的です。

↑PAGE TOP